FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S2全国ダブル】テテフメガフーディン【1984】

★前書き

アローラ!
今回は全国ダブルレートでシーズン2後半に使用した構築を紹介します。
全国ダブルといえばWCSと違ってメガシンカが使えますね。なかでもガルーラやボーマンダ、リザードン、メタグロスなんかをよく見ます。しかし今回使用したメガシンカは全く出くわすことなく、なおかつメガストーンの入手が他と比べて容易でしかも強い!そんなポケモンなのです。



★個別解説


メガフーディン
●フーディン@フーディナイト
特性:マジックガード→トレース
性格:臆病
技:サイコキネシス/アンコール/金縛り/守る
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値(メガ前):131-*-65-187-115-189
実数値(メガ後):131-*-85-227-125-222

シナリオで必ずメガストーンを入手できる神ポケモン。
メガシンカすることで驚異のS種族値150となり、最速にすることで準速拘りスカーフランドロスや準速拘りスカーフカプ・テテフを抜くことができる。
特攻も大きく伸びるが、サイコフィールド補正込みでも無振りメガガルーラが耐えてくるので過信はできない。しかし削りとして考えれば火力は申し分なく、アンコールや金縛りで場を搔き乱しながら器用に立ち回っていく。
メガシンカにより耐久も上がり、特に特防は意外と高いので、特殊攻撃なら割と普通に耐えてくれる。
メガシンカ後の特性トレースは相手2体のどちらかの特性をランダムでコピーするもので、活躍する機会こそ少ないものの、悪戯心をトレースしたときなんかはクソ強かった。
メガシンカ前の特性は、砂下で初手守るときにあえてメガシンカしないことで砂ダメを受けないマジックガード。


フェローチェ
●フェローチェ@気合の襷
特性:ビーストブースト
性格:無邪気
技:飛び膝蹴り/飛び掛る/冷凍ビーム/守る
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:147-189-57-157-51-223

あの超速メガフーディンよりも素速いポケモンで、火力も優秀だが耐久が無いに等しい。
上から殴れるとはいえ自身も殴られた終わりなので、行動保証のための気合の襷。このお陰で相手にS操作で上を取られても1度は殴れる安心感がある。
格闘弱点や氷4倍弱点のポケモンの動きを強く抑制するため、時には守るや交代読みも必要。というか強気に動かれることがなかなかないので読みがよく決まる。
努力値はASぶっぱで、余りはHに振って奇数にすることで、飛び膝蹴りで2回膝を割っても生き残れるようにした。
性格は深く考えず無邪気にしているが、せっかちとどちらが適しているのか分からなかったので、適任を理由と共に募集中。


カプ・テテフ
●カプ・テテフ@命の珠
特性:サイコメイカー
性格:臆病
技:サイコキネシス/マジカルシャイン/10万ボルト/守る
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値:146-*-95-182-135-161

メガフーディンとフェローチェは火力と素早さが非常に優秀な代わりに耐久力がないので、相手の先制技を封じることのできるカプ・テテフを採用。フーディンの火力増強もできるのは優秀。
持ち物は、ここまでの2匹が素早さに特化しているため拘りスカーフである必要性はなく、拘り眼鏡はメガフーディンの補助技との兼ね合いも考慮して守るが欲しいので却下。エスパーZも考えたものの他にZを持たせたいポケモンがいたため、結果的に命の珠に落ち着いた。
技構成は比較的テンプレ。命の珠を持っているのでムーンフォースがなくてもマジカルシャインで十分フェアリー打点を持てると判断し、代わりに10万ボルトを採用した。マジカルシャインは全体技という点も高評価。


ヒードラン
●ヒードラン@食べ残し
特性:貰い火
性格:控え目
技:熱風/大地の力/身代わり/守る
努力値:212-0-4-252-4-36
実数値:193-*-127-200-127-102

鋼やフェアリー、炎技等に対する優秀な耐性及び高い耐久力を持ち、受け出し先としても扱いやすい。
食べ残しを持たせて身代わりを採用しており、有利対面で交代読み身代わりを貼っていき詰めの駒としても扱える。
フェアリータイプが環境にそれなりにいるのでラスターカノンも考えたが、そもそもフェアリー技は1/4にでき、熱風の通りも悪くないので、むしろ起点にできる身代わりの採用に至った。
HPを食べ残し効率の良い16n+1にし、素早さは追い風下で準速フェローチェ抜きとした。
えっ?追い風を使えるポケモンがいないって?実はいるんですよ。次に紹介します。


ワルビアル
●ワルビアル@ジメンZ
特性:威嚇
性格:陽気
技:地震/叩き落とす/横取り/守る
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値:171-169-100-*-90-158

威嚇要員、地面打点、電気耐性といった要素を兼ね備えている。霊獣ランドロスと異なり叩き落とすをタイプ一致で撃てる、氷4倍弱点ではない、ゴースト耐性によりギルガルドの攻撃を受けることができる、といったメリットがあり、トリル要員に比較的強く出れる。構築全体でS操作が少なめなので、トリルに対して少しでも厚くするためにこちらを採用した。
え?S操作が少なめどころじゃない?1つもないだって?そんなことはありません。相手の追い風を横取りすればいいのです。
もともとSの高いポケモンを数多く揃えているため、S操作の少ない相手に対しては有利に立ち回れる一方、S操作をされると辛かった。しかしS操作といっても大体追い風かトリルが多く、トリルといってもスイッチが多い印象だった。スイッチトリルに関しては極端に遅いポケモンや、そもそもSの低いポケモンが数匹程度しかいないことが多いので、後述するレヒレ等の高耐久ポケモンでやり過ごす。一方追い風はトリルと比べて相手側だけSが上がるうえに、悪戯心持ちが使ってくることもあり封じるのが困難だと思われたが、横取りとかいう神業により圧倒的アドバンテージを取れるようになった。しかも追い風をサポートする猫騙しをサイコフィールドで防げるのもシナジーがあって最高。
悪戯心による追い風は、横取りされた次のターンにもう1度撃ってくることも多いので、連続で横取りし続ける立ち回りも必要。
ワイドガードを横取りして全体技を押し付けるのも強い。
性格は最速霊獣ランドロスを抜けるように陽気。構築に浮いているポケモンがいないため地震が撃ちづらく、ジメンZを持たせた。


カプ・レヒレ
●カプ・レヒレ@ウイの実
特性:ミストメイカー
性格:控え目
技:濁流/ムーンフォース/瞑想/守る
努力値:236-0-4-196-4-68
実数値:175-*-136-154-151-114

バンドリマンダや雨に比較的強く、スイッチトリルの中速枠としてよくいるヒードランやカプ・レヒレ等を受けることができる、優秀な補完枠。
器用に動きたいので拘り眼鏡は持たせず、代わりに足りない火力を瞑想で補った。ウイのみがいい感じに機能してくれることが多い。
配分はHCベースだが、Hを16n-1、特攻を11nになるまで削り、ミラー意識で素早さに多めに割いた。ほとんどカプ・レヒレミラーで抜かれなかった。

改めて6匹を見ると若干トリル耐性が甘めだが、全員が守るを持っており、なんとかうまく立ち回って生き延びてきた。



★選出

まず初めに言っておくと、先発にカプ・テテフ+メガフーディンを並べることはほとんどない。よっぽどエスパーの通りが良くてフィールドも取られないような状況に限って言えば出すことはあるが、基本的にテテフは後発が多い。
全国ダブルはWCSに比べ使われる構築があまり固まっておらず、構築のバリエーションも多彩であると感じている。そのため、必然的に選出も臨機応変に変える必要がある。
その中でもよくある選出パターンや注意点を挙げていく。

●VS CHALK風ガルーラスタン
(ガルーラ/クレセリア/ヒードラン/ボルトロス/サンダー/カプ・コケコ/ランドロス/モロバレル/カプ・レヒレ/etc.)
相手が追い風してきそうならワルビアルを先発で出すことが多い。トリルしてきそうなら、この手の構築の中速ポケモンの攻撃を受けられるカプ・レヒレを後発に出すことが多い。ヒードランはあまり選出しない。あとは臨機応変に対応するしかないが、他に先発に出すことが多いのはフェローチェとフーディンで、後発で出すことが多いのはカプ・テテフ。

●VS バンドリマンダ
カプ・レヒレの攻撃の通りが良く、ワルビアルの威嚇と岩耐性、地面打点も刺さるため、この2匹を軸に残りのポケモンを決めていく。エスパー技の通りが良くないことが多いため、カプ・テテフやフーディンの選出率は低め。自分は先発カプ・レヒレ+フェローチェ、後発ワルビアル+ヒードランという選出をよくしていた。

●VS リザバナ
先発カプ・テテフ+ヒードラン、後発カプ・レヒレ+何かといった選出が多い。リザードン+フシギバナの初手に対して拘りスカーフの可能性を持つカプ・テテフで両守るを誘い、その隙にヒードランで身代わりをして眠り粉のケアをする。炎技に対する受け先としてカプ・レヒレを用意。リザバナの後発でトリルスイッチをしてくる可能性もあるので、注意しながら選出、立ち回りをする。

●VS エルテラ、エルゲン
先発ワルビアル+メガフーディン、後発臨機応変に。ワルビアルの横取りでエルフーンの追い風を奪い、メガフーディンでテラキオンメガゲンガーを上からサイコキネシスで縛る。



★後書き

この構築を使い始めた頃はトントン拍子で勝てて、瞬間1984まで行きました。しかしあと2歩のところで闇落ちしたため、念願の2000に到達することはできませんでした。シーズン3はWCSに専念しようと思うため全国ダブルには潜らないので、全国ダブル勢の何かの役に立てばと構築記事を公開しました。
何か質問があれば(@Infinity_Ju )まで。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。