FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞い踊れ!オドリドリアブリー(レベル1ダブル大会使用構築)

12/8にptrst( @ptrst102 )主催のレベル1ダブルバトル大会に参加しました。

簡単にルールを説明すると、
・ダブルバトル6→4
・使用ポケモンはすべてレベル1(進化系可)
・メガシンカの使用可
・使用可能な技はレベル技のみ(ハートの鱗の使用可)
・進化系を使用する場合は進化前のレベル技の使用可
・努力値振り禁止
・ソニックブーム、りゅうのいかりの使用可
・カロスマークもしくはアローラマーク必須

その他の細かいルールが知りたい方はこちら

そして僕が使った構築は、芸術部門で優勝したと言っても過言ではないでしょう。

アブリー
・アブリー@拘りスカーフ
特性:鱗粉
技:蝶の舞/虫のさざめき/マジカルシャイン/銀色の風
実数値:12-*-6-6-6-6

構築の要となるポケモンその1。
オドリドリと並べてスカーフ超舞して倒されてもらうのが理想。生き残ってしまった場合は一度引っ込ませ、また出てきたときにスカーフで上から殴っていく。全体技を持っているのも偉く、化けの皮や頑丈を崩しつつもう1体も殴れる。特性鱗粉により猫騙しで怯むことがないため、何も知らない相手だとかなりの爆アドを取れる。

まいまいオドリドリ
・オドリドリ@気合の襷
特性:踊り子
技:目覚めるダンス/暴風/エアカッター/エアスラッシュ
実数値:12-*-6-7-6-7

構築の要となるポケモンその2。
アブリーが舞えばオドリドリも舞う。そして倒れるまで相手をなぎ倒していく。暴風はたまに外すので注意。ゴーストタイプを選んだ理由はソニックブーム無効だから。同様の理由でミミッキュが強いルールでもあり、その影響からか肝っ玉猫騙しガルーラが多く、この子も巻き添えを食らってしまう。相手がアブリーの特性を知らずオドリドリ方向に猫騙しが飛んでこない、といった可能性に賭けよう。

メガプテラ
・プテラ@プテラナイト
特性:緊張感
技:岩雪崩/フリーフォール/炎の牙/吠える
実数値(メガシンカ前):12-7-6-*-6-7
実数値(メガシンカ後):12-8-7-*-7-8

アブリーが倒されたところに出して、フリーフォールで1体持ち上げている隙に隣のオドリドリでもう1体を倒し頭数を減らしていくことが理想。メガシンカ前なら緊張感でオレンのみを食べさせないことが可能。きのみジュースは飲まれます。基本はメガシンカして高いSから雪崩なりフリーフォールをします。炎の牙はコイルへの打点、吠えるはトリル対策。このルールは対策していない場合トリルで壊滅しかねないので吠えるを採用したが、まずトリパが全然いなかった。

ミミッキュ
・ミミッキュ@ゴーストZ
特性:化けの皮
技:じゃれつく/シャドークロー/影撃ち/陰分身
実数値:12-7-6-*-7-7

ソニックブーム、りゅうのいかりを両方無効化でき、化けの皮で必ず1発は耐える最強ポケモン。相手の固定ダメージ技等の強力な攻撃へのストッパーとして採用した。ガルーラが多いことを予想して通りの良いフェアリーZを持たせるつもりだったが、間違えてゴーストZを持たせてしまうという始末。攻撃技3つの他には陰分身を採用したが、撃ったのはほぼ負け確の場面で逆転はできなかった。

コイル
・コイル@木の実ジュース
特性:頑丈
技:ソニックブーム/ラスターカノン/スパーク/電磁波
実数値:11-6-6-7-6-6

頑丈と木の実ジュースのお蔭で攻撃を2発耐え、自らもソニックブームを撃てる偉いポケモン。単純に強そうなので補完として入れてみた。持ち物は相手が緊張感でも使える木の実ジュース。

ガルーラ
・ガルーラ@命の珠
特性:肝っ玉
技:猫騙し/ピヨピヨパンチ/噛み付く/不意打ち
実数値:13-7-6-*-6-7

ミミッキュにノーマル技を撃てる優秀なねこだマスター。アブリーオドリドリが選出しづらい場合の裏選出として使用する。


選出

表選出
先発:アブリー+オドリドリ
後発:プテラ+ミミッキュ
踊ってイージーウィン。

裏選出
先発:ガルーラ+プテラ
後発:コイル+ミミッキュ
踊りの妨害をされそうならこっち。高性能なポケモンたちで戦うグッドスタッフ的な選出。


結果

>>>2勝6敗<<<

ハイ、惨敗でした。アブリーオドリドリをメタる方法はいくらでもありました。
ガルーラの肝っ玉猫騙し、アブリーよりも早い拘りスカーフ持ち、追い風、etc.
それらが大体の構築に入っていたため、どうしようもなかった。

しかーし、この大会を通して気づいたことがある。
アブリーオドリドリの並びは、相手の選出を大きく誘導することができる。ならば、そこを突いて裏選出で制圧すればいいのでないか?と、このことに気付いたのが大会終盤。今回はアブリーオドリドリに固執して負けた試合もあったので、実際は選出段階でアブリーオドリドリを見せて選出誘導をし、裏選出で戦うのが一番強いと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。