記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バトルロードグロリア2016使用構築 グラカイグッドスタッフ

○はじめに

先日、バトルロードグロリア2016日本一決定戦に出場してきました!
全国レベルの厳しさを思い知らされた大会であり、BO3で戦う貴重な経験も出来て、ポケモンの楽しさを再確認した大会でもありました。
結果は3勝2敗で予選落ちでしたが、6世代最後なので自己満足かもしれませんが構築記事を残しておきたいと思います。



○構築のキッカケ

自分はVGC2016のルールがどうも苦手で、本戦に向けての構築もなかなかできませんでした。
そこで始めは、構築案はあるけれどそれを披露するオフがない、といった方々から構築を拝借し、showdownで試していました。
そしていくつか試したのですが、なかなかしっくり来ないというか、やはり自分で組んだ構築ではないため思うように回せませんでした。
全国ダブルでも言えることなのですが、自分は他人の構築丸パクリを使って戦うのが苦手でした。
構築経緯や運用方法が示されていたとしても、自分で組んだわけではないので完璧に扱えませんでした。
VGC2016でも他人の構築を扱える自信がなかったため、最終的には自分で構築を形にしていきました。

自分で構築を組むにあたって、今更使い慣れないタイプの構築を使うより、今までにある程度使ったことのあるタイプの構築を使った方が勝てると判断しました。
そこで、自分が今までに使ってある程度勝てた構築を挙げていくところからスタートしました。

・エルゲン(グロリアクラシックにて使用)
・グラカイ(大正義オフにて仕様)
・グラゼルネ(JCSにて使用)
・ゼルネレック(天空杯、ABCにて使用)

1つずつ見ていくと、エルゲンはマッチ戦向きではなさそうなので却下。
グラゼルネはJCSで使ったが、潜った時間的に比較的低レート狩りをして勝ったようなものだったので、かなり自信がなく却下。
ゼルネレックは自分が使った当時は流行っていなかったが、今やメジャーな構築の1つとなっており、この環境で中途半端なゼルネレックを使って勝てる気がしなかったので却下。
グラカイは自分が使った当時から流行っており、対ミラーも含めて如何に勝つか考察経験があったので、構築も組みやすく、回しやすいだろうと判断しました。
というわけでグラードン+カイオーガをベースに構築を組んでいくことにしました。



○選出から構築を考える

グラードン+カイオーガ以外の4匹を決めるにあたって、いくつかの構築に対する選出パターンを意識しながら考えていきました。

まずBIG-6に対する選出を意識しながら、残りの枠を決めていきました。
BIG-6のグラードン/ガルーラ/ファイアローに強いポケモンとしてボーマンダが挙げられます。ボーマンダミラーに対しても流星群があれば強いです。
ボーマンダはBIG-6以外に対しても強く出られることが多く、対BIG-6に限っていってもゼルドーをなんとかできれば非常に優秀です。
そこで、ゼルネアスやボーマンダに強いポケモンとしてドータクンを採用しました。
また、メンハ以外のドーブルを手軽に対策でき、面倒なボーマンダミラーを電磁波で補助もできる化身ボルトロスを採用しました。

こうして対BIG-6への選出は、
先発 ボーマンダ+化身ボルトロス
後発 ドータクン+カイオーガ
という形にしました。

先発がゼルネアス以外に軒並み強く、そのゼルネアスにはドータクンが強い。
ドータクンの炎弱点をカイオーガの雨でカバーしつつ、トリックルームを貼る。
そしてグラードンが出てきてもスキルスワップを絡めることで水技を通してフィニッシュ。
といった形が理想的です。

さてここまでで、
グラードン/カイオーガ/ボーマンダ/化身ボルトロス/ドータクン
の5匹が決定しました。

残り1枠には、メガガルーラを採用しました。
ボーマンダが出し辛いとき、猫騙しが欲しいときなど、選出機会はかなりあります。
単純にスペックが高いので、どんな構築にも選出しやすく非常に優秀です。

また、前述した通り純正BIG-6に対してグラードンは基本的に出しません。
なので、ゼルネアスへの打点を強く意識したり、トリックルームを絡めることを意識する必要もありません。
そこで、グラードンは臆病にしました。
このポケモンはグラカイミラーや、オーガレックの鋼処理のために選出するので、
物理型と違って相手のグラードンを一撃を倒すことができ、また威嚇の影響もない特殊型が適していると判断しました。



○個別解説

ゲンシグラードン
・グラードン@紅色の珠
特性:終わりの大地
性格:臆病
技:噴火/大地の力/めざ氷/守る
努力値:0-0-0-252-4-252
実数値:175-*-180-202-111-156

タイプ一致技である噴火、大地の力、そしてめざめるパワー(氷)を採用しています。
これはメガボーマンダはもちろんのこと、メガレックウザに対する削り手段として採用しました。



ゲンシカイオーガ
・カイオーガ@藍色の珠
特性:始まりの海
性格:控えめ
技:潮吹き/冷凍ビーム/雷/守る
努力値:252-0-164-0-0-92
実数値:207-*-131-220-180-122

A232メガレックウザの拘り鉢巻ガリョウテンセイ低乱数1(3/16)(180~213ダメージ)

タイプ一致技であり命中安定の潮吹き、飛行タイプや晴れ下のグラードンへの打点として冷凍ビーム、カイオーガミラーへの打点として雷。
最速以外の大抵のカイオーガを抜けるであろうラインまでSに振り、
残りをBに振ることで、陽気メガレックウザの拘り鉢巻ガリョウテンセイをそこそこの高乱数で耐えるようにしました。



メガガルーラ
・ガルーラ@ガルーラナイト
特性:精神力→親子愛
性格:陽気
技:猫騙し/捨て身タックル/グロウパンチ/守る
努力値:4-252-0-0-0-252
実数値(メガ前):181-147-100-*-100-156
実数値(メガ後):181-177-120-*-120-167

優秀なサポート技であり強力な先制技である猫騙し、積むことで相手に強い圧力をかけるグロウパンチ、タイプ一致技の捨て身タックル。
A+2捨て身タックルでH振りゲンシグラードンが高乱数で落ちるので、恩返しではなくこちらにしました。
残り1枠は守るとしました。
これはボルトロスの電磁波と合わせて相手の上を取ったり、追い風やトリルターンの時間稼ぎや、
守っている隙に隣のボルトロスに倒れてもらってメガガルーラ+ゲンシカイキの2体を並べて圧力をかける、といったプレイングに活用します。
何より守るガルーラは読まれなくて強い。



メガボーマンダ
・ボーマンダ@ボーマンダナイト
特性:威嚇→スカイスキン
性格:臆病
技:ハイパーボイス/流星群/追い風/守る
努力値:4-0-0-252-0-252
実数値(メガ前):171-*-100-162-100-167
実数値(メガ後):171-*-150-172-110-189

タイプ一致技であり強力な全体技であるハイパーボイス、ボーマンダミラーやレックウザに対して非常に強く出られる流星群、そしてS操作の追い風。
最初は性格を無邪気にして流星群を捨て身タックルにしていたが、回してみてほとんど撃つ場面がなかったこと、流星群があればミラーに強いことから、今の形になりました。



化身ボルトロス
・化身ボルトロス@ゴツゴツメット
特性:悪戯心
性格:臆病
技:10万ボルト/電磁波/挑発/守る
努力値:252-0-0-0-4-252
実数値:186-*-90-145-101-179

タイプ一致技である10万ボルト、S操作の電磁波、ドーブル等を止める挑発、そして守る。
HS振りでゴツメを持たせました。
CS振りだとコロッと倒れてしまうため、HS振りにして場持ちを良くしました。
10万ボルトの火力があまり出ずゲンシカイオーガを2発で倒せないが、ガルーラやカイオーガ等、上から殴れる可能性の高いポケモンが多いため、問題はありませんでした。
オボンの実を持たせると無駄に場持ちがよくなり倒れてくれない→ガルーラ+ゲンシカイキのエースを並べられない場面がありそうで、
またゴツメならガルーラへの打点、ドーブルの襷破壊といったように役立つ場面も割とありそうなので、このような形にしてみました。



ドータクン
・ドータクン@オボンのみ
特性:浮遊
性格:生意気
技:ジャイロボール/トリックルーム/スキルスワップ/神秘の守り
努力値:252-244-0-0-12-0
実数値:174-140-136-*-151-34(S個体値0)

H202-B115ゼルネアスをジャイロボール(威力150)で確定1発(206~246ダメージ)
C198ゼルネアスのC+2フェアリーオーラムーンフォースをオボンの実込み超高乱数2耐え(93~110ダメージ)

タイプ一致技でありゼルネアス等への強力な打点であるジャイロボール、S操作のトリックルーム、トリル下で天候を取り返すスキルスワップ、
トリル下でグラードンカイオーガを動かす際の相手の遅いドーブルを意識して神秘の守り。
持ち物がよくあるラムではないのは、ガルーラやボルトロスでドーブルには十分強く、催眠対策は足りていると判断したためです。
そこで特にジオコンを積んだゼルネアスの前で強気に動くため、オボンの実を持たせました。
また、構築全体で物理打点が少なめなので、ゼルネアス等に対する打点を意識してAには多めに振りました。



○主な選出パターン

・対BIG-6
先発:ボーマンダ+ボルトロス
後発:カイオーガ+ドータクン
(たまにグラードンも出す。)

立ち回り:
ゼルネアス以外ならはハイボや10万で削っていき、ドーブルには挑発。
ゼルネアスが来たらボーマンダをドータクンに交代し、トリックルーム。ボーマンダにも強いのは良い。
そしてジャイロボールでゼルネアスを処理しつつ、カイオーガを出してスキルスワップで天候を取りながら潮吹きで〆。
注意点として、基本的に後発でトリックルーム展開をするため、ボルトロスで電磁波をむやみに撒かないよう注意。


・対BIG-B
選出:BIG-6と同じ

立ち回り:BIG-6と同じ。


・対BIG-C
先発:ガルーラ+グラードン
後発:カイオーガ+ドータクン

立ち回り:
BIG-Cのグラードンは、クレセリアでトリックルームをするために遅いか、上からスキルスワップをするために早くてもせいぜい控え目だろう、
という前提のもと、臆病グラードンでガンガン攻めていく。
下手にトリックルームをすると、スキルスワップの順序の関係でクレセリアによって天候を取られる可能性があるので注意。
あとは対BIG-6みたいに立ち回っていく。


・対オーガレック
先発;ガルーラ+ボルトロス
後発:グラードン+カイオーガ
(ライチュウ入りの場合はボルトロスの代わりにカイオーガを先発にする。)

立ち回り:
ボルトロスが刺さっていることが多いので、うまく場を整えつつうまく天候を取って勝ち。
ライチュウ入りはゲロ重いので生半可な立ち回りじゃ勝てず、最も苦手。


・対グラカイ
先発:ガルーラ+ボルトロス
後発:グラードン+カイオーガ
(たまにボーマンダも出す。グラカイのどちらかを先発に出すこともある。)

立ち回り:
グラードンとカイオーガは素早さを比較的高めにしているので、うまく上を取って殴っていき、天候を取って勝ち。


・対ゼルネレック
先発:ガルーラ+ボルトロス
後発;ドータクン+グラードンorカイオーガ

立ち回り:
うまく先発で荒らしつつゼルネアスをドータクンで処理し、レックウザもどうにか処理して勝ち。



○グロリアを終えて

僕の今年のグロリアは、関東予選のVGC2016は惨敗で、比較的得意ルールであるVGC2015を行う東北予選に初の遠征をして準優勝し、本戦に駒を進めました。
そして本戦は3勝2敗で9~16位の間でした(32人中)。
本戦まで進めたのはとてつもなく嬉しく、貴重な経験でした。しかし最終的に思うような結果が出せなかったので、来年も頑張っていこうと思います。

今回グロリア本戦へ向けて、(全部没になったけど)構築案を提供してくれた方々、調整に付き合ってくれた方々、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。
来年は公式大会で結果残したいな・・・。

それでは第7世代でまたお会いしましょう。アローラ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。