FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん杯優勝構築 バンギマンダ with ジャローダラグラージ

ポケモン第6世代もまもなく終わりを迎えますが、この環境終期にいくつかの大会で結果を残すことができたので、構築記事として残したいと思います。

9月の話になりますが、バトルロードグロリア2016の東北予選である東北オフにて準優勝という結果を残すことができました。
この時の構築記事はAMALGAMEに掲載させていただきました。

AMALGAMEの構築記事はこちら

そしてその後いくつかの大会で結果を残した構築というのは、この時の構築にアレンジを加えたものになっています。

東北オフで使用した構築はドリュウズの選出率がかなり低く、選出する場面が対リザードン構築や、どうしても砂かきで上を取らないといけないマニューラやゲッコウガ入りに限られていました。しかもバンギラスと同時選出を強いられるため、威嚇に弱くなり、弱点や技範囲も被ってしまいます。

そこで代用できるポケモンを探した結果、リザードンにある程度強く出れて、高い素早さには電磁波が有効で、汎用性の高い化身ボルトロスを採用しました。バンギラス+ボーマンダ構築で重くなりがちな水タイプに対して今まで高打点を持てるポケモンがジャローダだけでしたが、ボルトロスを入れることで有効打が増え、選出の柔軟性が増しました。




今回の構築の実績と、変更点である化身ボルトロスの詳細を掲載します。



実績
うどん杯 優勝
ポケサー部内戦 優勝
グロリアオンライン ベスト16



化身ボルトロス
・化身ボルトロス@オボンの実
特性:悪戯心
性格:臆病
技:10万ボルト/目覚めるパワー(氷)/電磁波/威張る
努力値:252-0-88-4-164-0(個体値31-*(偶数)-30-31-31-31)
実数値:186-0-101-4-121-144


A194メガガルーラの親子愛捨て身タックルをオボンの実込みで確定耐え。
C238メガサーナイトのダブルダメージフェアリースキンハイパーボイスをオボンの実込みで確定2耐え。
準速霊獣ランドロス抜き。


†威張る†の採用について
初めは挑発の採用も考えました。しかしジャローダに既に挑発を採用していることと、挑発を撃ちたい主な相手であるモロバレルにはボーマンダが強く、ドーブルはそもそもボルトロスに対して出てくる可能性は高くないと割り切ることで、不要となりました。そこでやることがないとき等に撃って数ターン中一度でも動かなけれなアドを取れ、ピンチをひっくり返せる可能性があり、ギルガルドへの打点にもなる威張るを採用しました。実際強かったです。

Swagger is god!!


性格と素早さについて
威張るを採用したことで、キノガッサやドーブルを止めることができなくなりました。そのため最低限これらは抜いておきたい、ついでに準速霊獣ランドロスも抜いておこう、こうして素早さを144にしました。結果的に耐久振り化身ボルトロスミラーで先に動けることが多かったのも良かったです。しかし実際のところ準速霊獣ランドロスは大体スカーフを持っており、この調整が適切かと言われると怪しいです。もう少し素早さを削って耐久に回すか、耐久を削って素早さに回すのもアリだと思います。
性格は、素早さを144まで上げるため一番効率のいい臆病。臆病なのに素早さ無振りになりました。



もちろんこの構築はボルトロスだけでなく、ボーマンダ、バンギラス、ギルガルド、ラグラージ、ジャローダがいるからこそのものです。もう第6世代のレートは終わってしまいますが、機会があれば皆さんもこの構築を使ってみてください!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。